まつりごと女子☆倶楽部

「まつりごと女子」略して「マツ女」。 今、女子の間で、ひそかに政治がブームです。 政治好きな女子大集合!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「まつりごと女子☆倶楽部が選ぶ夏の百冊」(其の弐)

    
「まつりごと女子☆倶楽部が選ぶ夏の百冊」大募集 にコメントをいただき、ありがとうございます。
おかげさまで、10冊ごとにまとめていこうという、この記事も2回目となりました。
タイトルと内容がわかりやすいように、楽天のアフィリエイトとアマゾンの情報を使って羅列しておりますが、皆様には、「まつりごと女子☆倶楽部が選ぶ夏の百冊」大募集のコメント欄もあわせてぜひ、お読みいただければと思います。
引き続き、コメントは大募集中です 目指せ百冊


11. ドサンコ(会員番号7)推薦

中山成彬はなぜ日教組と戦うのか

中山成彬はなぜ日教組と戦うのか

価格:1,680円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「日教組の強いところは学力が低い」のは正しい。組織率はたとえ低くとも、学校内で国旗国歌への反対運動など反国家的なイデオロギー活動ばかりしていたら「まっとうな教育」なんて望めない。学力テストにも反対。悪平等主義。学力が落ちるのも当然だ。道徳教育にも反対して、社会のモラルも地に堕ちた。やはり「教育のガン=日教組」をぶっ潰さなければ日本の再生はない。


12. ドサンコ(会員番号7)推薦

自らの身は顧みず

自らの身は顧みず

価格:1,470円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「日本は素晴らしい国だ」「侵略国家などではない」と言った著者は、航空幕僚長を解任された。しかし、国益を損なうと思ったことについては、日本の立場をきちんと主張しなければならない。国家防衛の基盤は愛国心である。


13. ドサンコ(会員番号7)推薦

反日マスコミの真実(2010)

反日マスコミの真実(2010)

価格:1,200円(税込、送料別)


大反響をだった「反日マスコミの真実」最新版。マスコミ界に徹底的にメスを入れる。


14. ドサンコ(会員番号7)推薦

民主党と日教組

民主党と日教組

価格:1,575円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
民主党最大のタブー、「政治とカネと教育」の問題を炙り出す。ついに「北教組事件」で民主党と日教組の違法な関係が明らかとなった。しかしそれは氷山の一角にすぎない。山梨県教組の半強制カンパをはじめ、学校内での選挙活動、授業は自習、日の丸・君が代闘争…その全記録を報告する。


15. ドサンコ(会員番号7)推薦

朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実

朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実

価格:1,680円(税込、送料別)


【内容紹介】
 1910年の「日韓併合」から100年。35年に及ぶ朝鮮総督府による韓国統治については、日本の敗戦による半島支配が終わってからすでに65年たつ今日でも、植民地支配によって搾取、収奪が行われたという韓国からの批判が続いている。「創氏改名」「慰安婦」「土地収奪」「強制連行」などの「七奪」がその象徴としてよく指摘される。
 しかし、日本による「日韓併合」は本当に帝国主義的な植民地支配だったのだろうか。日本による「半島支配」とは具体的にいかなるものであったのか。本書は、戦前の朝日新聞の膨大な記事資料を発掘、渉猟し、「日韓併合」の実相に迫る試みである。
 本書に掲載された戦前の朝日新聞の記事を読み進めれば、日本が韓国を近代化するために涙ぐましいまでの努力をしていたかが、よく伝わってくる。日本の半島経営は、韓国が主張する「七奪」とはかけはなれたものであったことが、実感としてよくわかってくるのである。
 戦前の日本はすべて悪いとする戦後の歴史教育の歪みが、多くの日本人の歴史観をきわめていびつなものにしてきた。そのため、韓国が主張する「日帝」の苛烈な植民地支配というイメージが日本人のなかにも固定化している。しかし、「大日本帝国下の朝鮮半島」の日常生活を生き生きと描き出した朝日の報道を読めば、そのような戦後史観がいかに間違った歴史の見方であるかがひと目で理解できるはずだ。


16. ドサンコ(会員番号7)推薦
NHK捏造事件と無制限戦争の時代

NHK捏造事件と無制限戦争の時代

価格:2,100円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「無制限戦争」とはいったい何!?本書はこれを解き明かす初の本格的教科書である!多岐にわたる「情報戦争」の専門的内容を超平易に徹底解説!裁判史上最大規模、1万人のNHK集団訴訟はなぜ、起きた─。


17. しおん(会員番号18番)様ご推薦

連合赤軍「あさま山荘」事件

連合赤軍「あさま山荘」事件

価格:570円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
死者三人、負傷者二十七人、動員された警察官のべ十二万人、報道陣六百人。テレビ中継の視聴率は史上最高を記録。厳寒の軽井沢の山荘で何が起きたのか?当時現場で指揮をとった著者のメモを基に、十日間にわたって繰り広げられた戦後警察史上最悪の事件の一部始終を克明に再現した衝撃のノンフィクション。


18~20. Lisa_cerise(会員番号1番)様ご推薦

ワイルド・スワン(上)

ワイルド・スワン(上)

価格:860円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
十五歳で著者の祖母は軍閥将軍の妾になる。中国全土で軍閥が勢力をぶつけあう一九二四年のことであった。続く満州国の成立。直前に生まれた母は、新しい支配者日本の過酷な占領政策を体験する。戦後、夫とともに共産党で昇進する母。そして中華人民共和国の成立後、反革命鎮圧運動の只中で著者は誕生する。


ワイルド・スワン(中)

ワイルド・スワン(中)

価格:800円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
革命後の動揺がおさまらない中国で毛沢東は共産党員の過去をさぐる。国民党との関係で嫌疑をかけられる母。著者たち兄弟は保育施設に送られてしまう。想像を絶する迫害の日々―ついに逮捕された父は精神に異常をきたす。なんとしても夫を救いたい!母は周恩来首相に直訴すべく、北京行きの列車に乗る。


ワイルド・スワン(下)

ワイルド・スワン(下)

価格:800円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
迫害を受け続ける家族。思春期をむかえた著者は、十代の若者が遭遇する悩みや楽しみをひとつも経験することなく急速に「おとな」になった。労働キャンプに送られる両親。著者にも、下放される日がついに訪れた。文化大革命の残虐な真実をすべて目撃しながら生き、「野生の白鳥」は羽ばたく日を夢見続ける。




にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
↑コメント&トラックバックは承認制をとっております。
反映されるまで時間がかかる場合もありますが、ご容赦くださいませ。
ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。



人気ブログランキングへ
↑余裕のある方は、こちらもポチしていただけると、嬉しいです。
関連記事

*Comment

NoTitle 

kuri様
こんばんは。
ありがとうございます。
青山氏の本は私、まだ読んだことがないのです。
やはり、日本人は中国のことを知らなければなりませんね。それも既存メディアが報じようとしない中国を。

kuri様の情報で25冊目。あと5冊で、記事をアップできます。皆様、よろしくです。私もまた本をご紹介できるよう、読書に励見たいと思います。
  • posted by ドサンコ(会員番号7番) 
  • URL 
  • 2010.09/02 00:12分 
  • [編集]

NoTitle 

こんばんは。
私もお勧めの本を書きたいと思います。
 
「日中の興亡」  青山繁晴/著  PHP研究所
 
最近、中国に関係する本を読んでたら、この本がとてもわかりやすかったです。
何故、中国が今、東へ日本へと進んできてるのか。
中国が狙っている「第四の資源」のことにも触れてあります。
  • posted by kuri(会員番号N0.6) 
  • URL 
  • 2010.09/01 21:55分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

バナー




リンクは会員のみ許可
バナーの無断転載・無断使用禁止

検索フォーム

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。